男性保育士を応援します!

今、全国で男性保育士が増えてきています。保育学生にも男子生徒が増えてきています!
それだけ男性にも魅力的な職業になってきています!

しかし、『男性保育士の離職』が後を絶たない。どうしてでしょうか?
保育の仕事の中でぶつかる当たる壁はみんな似ています。

・保育の仕事にやりがいがもてなくなってしまう。
・女性の職場でうまく自分が出せない。好きなこともできない。
・保育士は収入が少なくて家族を養っていくのが難しい。
・経営者関係でないと、民間保育園で続けるのは難しい。

・イノベーション何かを起こしてやりたい野望があるがつぶされてしまう。
・少ない男性保育士同士で交流して仲良くしたい

などなど・・・

ここに書いてあるのは一部です。
豊田市男性保育士連盟は、これらの悩みを共有し、問題に正面から向かいあっています。
そんな僕達も、いろいろな方に助けられながらここまでの実績を積み重ねてきたわけです。
自分一人では到底できない。そんなことばかり。
今ではメンバーひとりひとりが活躍し始めていますよ。例えば…、

〇メンバー半分以上が1人で1時間は親子を楽しませるスキルを身につけています。
〇一人でも講師として、市内市外・県外の講座や講演に招聘されるようになっています。
〇メンバーの一人は、保育士組合のトップ(幼保支部の支部長)をしています。
〇メンバーの一人は、趣味であるダンスの講師として市から依頼を受け活躍中

〇テレビ出演や新聞での掲載多数。
〇優秀な子育て支援活動として、総理大臣官邸で国の表彰を頂いた。

などなど…

これらは全て、連盟の活動を通じて得た、保育士としての『楽しさ』『やりがい』『自信』が次へつながった結果です。
連盟の活動があったからこそ、保育士としてのスキルが高まり評価されるようになってきているのです。

こういった過程の中で学んだ知識や経験を他の男性保育士達に伝えていけたらと思っています!
男性保育士が抱える問題を、男性保育士だからこそ理解し、解決していきたい。
楽しくて、やりがいがあって、評価されて、収入もあったら最高ですよね。

まだまだ未熟な僕達ですが、今までのノウハウを出し惜しみなくお伝えします!
それをヒントやきっかけに、自分たちで楽しめる独自の活動へつなげてもらえれば幸いです。
 
写真は宮崎県延岡市の男性保育士たちと。
『延岡男星保育士団』
28年度キリン福祉財団より子育て応援事業の助成金事業に選定される

 
写真は福井県坂井市の男性保育士たちの活動風景。
父親子育て応援団『おっとふぁざー』
27年度キリン福祉財団より子育て応援事業の助成金事業に選定される


写真は愛知県知立市の男性保育士たちの活動風景。
『Eos(イオス)』
2015年全労済子育て支援助成金事業にて活動


これまで宮崎県延岡市、福井県坂井市、愛知県知立市の
男性保育士に自分たちの活動を伝えてきました。

みんなで男性保育士の社会を変えていきましょう!

いつでもご連絡ください。→otoko_toyota2008@yahoo.co.jp